口臭治療ができる長崎市の松尾歯科医院

インプラント

インプラント治療

不幸にして一部分または全ての歯を喪失した時の治療法として いくつかの選択肢があります。大きく分けると以下の3つです。
1.ブリッジ
2.入れ歯(取り外し式)
3.インプラント(人工歯根)
インプラント
3i インプラントのリーフレットより引用

 

インプラント治療の手順
インプラント治療には、1回法と2回法があります。
これは、手術回数のことです。インプラント自体の成功率には現在ではほとんど差がありませんが、最終的な仕上がりの見た目(審美性)が2回法の方がはるかに綺麗です。見た目が綺麗ということは、メインテナンス(ハミガキなど)がし易いということにつながります。 このような理由(他にもありますが・・・)で当院では主に2回法を採用しています。

 

具体的な手順
@初診(資料の収集)
お口の中の状態や型を採り、お口の模型を作成します。
レントゲン、CTを撮ります。

 

A治療計画作成
@の資料を基に治療計画を作成します。

 

B1次手術
フィクスチャー(インプラント本体のこと)を顎の骨に埋入します。 この時、切開した歯肉を完全に縫合しますのでフィクスチャー自体は歯肉で完全に覆われます。 ※1回法ではフィクスチャーの頭が歯肉から露出した状態で縫合します。この状態で治癒を待ちます。

 

C抜糸
1次手術から10日前後で抜糸します。

 

D2次手術
1次手術から上顎で約4〜6ヶ月、下顎で約2〜3ヶ月経過後です。

 

歯肉に完全に覆われているフィクスチャーを露出させてヒーリングアバットメントと呼ばれるものを接続します。この時に将来ハミガキがし易くなるように歯肉の整形をします。
上記のヒーリングアバットメントにプラスチック製の仮歯を装着します。(この時点でとりあえず噛める様にします。)

 

E抜糸と仮歯の調整(プロビジョナルレストレーション)
2次手術から10日前後で抜糸します。また、仮歯の噛み合わせや形態などを調整します。

 

F最終の歯を作ります(ファイナルレストレーション)
仮歯で得られた情報(噛み合わせや形態など)を参考に最終的な歯を作り、装着します。

 

★歯肉の条件がよければ、当院でも1回法でやることがあります。  一度お口の中を診察してから判断します。

 

★2回法の方が治療期間が1回法よりも1〜2ヶ月長くなります。

 

料金(税別)
1次手術(埋入手術) 1本100,000円
2次手術 1本50,000円
アバットメント(歯の土台となるもの)1本30,000円
上部構造 1本50,000円〜
※1次手術〜2次手術までは4〜6ヶ月あきます。
※2次手術の費用には仮歯代が含まれます。
※上部構造は銀歯などの金属にするのか白い歯にするのかによって異なります。

トップへ戻る